女子ゴルフ「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」(29日〜31日/埼玉・武蔵丘GC)を主催する株式会社ADKマーケティング・ソリューションズは11日、大会を1日上限3000人の有観客で開催すると発表した。

開催にあたっては政府・地元自治体のガイドライン、「日本国内プロゴルフトーナメントにおける新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドライン」を遵守。コース入口での検温やマスク着用を呼びかけ、クラブハウスや会場内に消毒液を設置するなど感染防止対策を行う。

入場券は大会初日となる29日(金)が3300円、30日(土)と31日(日)が5500円(税込み)。14日(木)午後0時から大会特設サイトで販売を予定している。

国内女子ツアーは前週「スタンレーレディス」、今週「富士通レディース」と2試合連続で無観客開催。「三菱電機−」前週となる「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」はチケットの一般販売を各日1000人に制限した上で、一般ギャラリーのほかに大会協賛社など招待者を含め、各日最大5000人の来場者を予定。

コロナ禍のトーナメントとしては1日上限5000人で観客を受け入れた2週前の「日本女子オープン」に次ぐ規模となる。