◇国内女子◇TOTOジャパンクラシック 事前情報◇瀬田GC北コース (滋賀)◇6616yd(パー72)

国内唯一の米国女子ツアー公式戦は、昨年に続き新型コロナウイルスの影響で日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の特別公認競技として4日(木)から4日間、無観客で開催される。

出場メンバーは「富士通レディース」終了時点で賞金ランキング上位35人と、ツアー会員またはTP単年登録者のうち10月12日時点で世界ランキング上位43人までの資格を満たした計78人。予選カットはなく、賞金総額2億2000万円(優勝賞金3300万円)をかけて競い合う。

茨城県の太平洋C美野里Cで行われた3日大会の昨年は、単独首位から最終日を出た申ジエ(韓国)が1イーグル4バーディ「66」の通算19アンダーでプレー。スポンサーを結ぶ太平洋クラブのコースで通算26勝目を挙げた。ディフェンディングチャンピオンとして7月「大東建託・いい部屋ネットレディス」に続く勝利を狙う。

今年6月「全米女子オープン」を制した笹生優花は5月「中京テレビ・ブリヂストンレディス」以来の日本ツアー復帰となる。舞台は異なるが、前年大会では最終日に「63」をマークして2位に入った。

前週、今季2勝目を手にした渋野日向子は2週連続Vがかかる。過去2戦は2019年が13位、2020年が30位だった。大会初日は渋野と笹生、上田桃子が同組でプレーする。

そのほか「東京五輪」銀メダリストの稲見萌寧、今年2週連続優勝を果たした古江彩佳、西村優菜、小祝さくらも参戦。前週に渋野とのプレーオフの末に敗れたペ・ソンウ(韓国)のリベンジも注目だ。