◇国内男子◇ダンロップフェニックス 2日目(19日)◇フェニックスCC(宮崎)◇7042yd(パー71)

首位タイから出た秋吉翔太が5バーディ、3ボギーの「69」でプレー。2018年「ダンロップ・スリクソン福島オープン」以来となるツアー3勝目へ、通算10アンダーとして単独首位に浮上した。

「66」で回った古川雄大が通算9アンダー2位。通算8アンダー3位に片岡尚之と杉本エリックが並んだ。

前週「VISA太平洋マスターズ」を制した谷原秀人は通算4アンダー21位。賞金ランキングトップで大会連覇がかかる金谷拓実は通算2アンダー31位につけた。

首位から出た市原弘大は「78」と崩れて通算1アンダー38位に後退した。

プロデビュー戦の杉原大河は「80」とし、通算6オーバー77位で予選落ちした。