日常と非日常が交錯した2021年。緑の芝の上で繰り広げられたゲームを取り巻く光景も、また同じだった。フォトグラファーたちはそんな中、二度と訪れない瞬間の数々を切り取ってきた。GDOとともに旅を続けたプロフェッショナルが選んだ今年の3枚。第6回は奥田泰也カメラマン編。

<ZOZOチャンピオンシップ最終日 松山英樹>

日本人、アジア勢として初めてマスターズを制した松山英樹。凱旋試合となった東京五輪は3位タイから銅メダルを懸けたプレーオフに挑み、大いに盛り上がりました。ただ、この時は無観客で開催され、日本のファンが現地で雄姿を見ることはできませんでした。

ZOZOチャンピオンシップは人数こそ制限されたものの有観客で行われ、ギャラリーの目の前で優勝。力強いガッツポーズが印象的でした。日本中の人が松山の強さを実感したシーンだと思います。

<伊藤園レディス初日 稲見萌寧 西郷真央 古江彩佳 渋野日向子 小祝さくら>

ショートホールで進行が詰まるケースは珍しくありませんが、この時は詰まり(?)が半端ではなく5組ぐらいが待機を強いられていました。座って一休みする選手たち。渋野日向子、稲見萌寧、西郷真央、古江彩佳、小祝さくらが一堂に会していました。

3人くらいが一緒のショットはあるものの、今や女子ゴルフ界を背負っている選手5人が一つのフレームに入るのは珍しい。プレー中の険しい表情ではなく、仲良しグループでのんびりという雰囲気でした。とても貴重な一枚になったと思います。

<ZOZOチャンピオンシップ3日目 ホアキン・ニーマン>

チリのホアキン・ニーマン。プレー中、ティショット前に寝落ちしていました。コロナの影響でホテルの中では缶詰の状態、試合は緊張の連続。ゴルフ選手は移動に慣れているとはいうものの、日本までは遠く時間もかかります。疲れはピークに達していたのでしょう。試合の合間の一休み。ほのぼのとした写真だと思います。