◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 2日目(7日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73)

4アンダー13位で出た松山英樹は前半を1イーグル3バーディ、1ボギーの「32」(パー36)でプレーし、通算8アンダーとして単独首位で後半に入った。

90mにつけた3番でバーディを先行した。5番(パー5)で残り228ydから2mにつけ、2022年初めてのイーグルを奪取した。

6mを沈めた7番でさらに伸ばし、リーダーボードのトップに並んだ。グリーン左に外した8番(パー3)でボギーを喫したが、9番(パー5)で2オンしてバウンスバック。初日首位で最終組のキャメロン・スミス(オーストラリア)が1番でボギーをたたいたため、単独首位に立った。