◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 最終日(9日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73)

首位と9打差の8位から出た松山英樹は5バーディ、1ボギーの「69」で回り、通算21アンダーで新年最初の大会を終えた。ホールアウト時点で13位。

4番で4m弱のパーパットが左に抜けてボギーを先行。パー5の5番で2mを決めてスコアを戻し、6番で1つ伸ばした。9番は1mのバーディパットを外した。

ショットは好調もパットが決まらず、後半ももどかしい展開。14番でこの日3つ目のバーディを奪ったが、15番(パー5)では2mに寄せてのイーグルチャンスを逃して悔しさをあらわに。2連続バーディとして20アンダーに乗せてからの終盤は17番で2mを決めきれなかったが、最終18番(パー5)は1mに寄せてバーディフィニッシュした。