◇米国男子◇ソニーオープンinハワイ 初日(13日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

松山英樹は5バーディ、1ボギーの「66」で回り、4アンダーで第1ラウンドを終えた。

6人の日本勢で最初のスタートを切り、前半インで3バーディ。後半は第1打をバンカーに入れた4番(パー3)でボギーをたたいたが、アイアンショットでの2打目をピンそば2mにつけた8番でバーディを決めた。最終9番(パー5)も1Wショットをバンカーに入れながら、バーディで締めくくった。

2022年の初戦を迎えた金谷拓実が後半7番(パー3)を終え、5バーディ、2ボギーで3アンダーと上々の滑り出し。昨年、日本のプロテストを通過して今大会がプロデビュー戦となった石過功一郎は13ホールをプレーし2オーバーとしている。

小平智、中島啓太(日体大3年)、星野陸也は午後にティオフする。