◇米国男子◇ソニーオープンinハワイ 最終日(16日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

松山英樹が自身の2022年2戦目で勝利を飾った。最終日は通算23アンダーで並んだラッセル・ヘンリーをプレーオフで下した。劇的な逆転優勝に貢献したクラブのセッティングは前回優勝した昨年10月「ZOZOチャンピオンシップ」から変わっていない。

開幕前の練習日は削り出しパターからインサートパターに替えて打つ場面もあったが、「ZOZO−」で使用した“スペア”のパターのまま、今大会に臨んでいた。

スタート前の練習では満足のいく状態だったわけではなかったそうだが、「コースではやることに集中して良いショットも打てていたし、パットもたくさん悪いパットを打っても、その中で入ってくれたりしていたので、良かった」と、スコアメークを支えたパターにも及第点を与えた。

<最終日の使用ギア一覧>

ドライバー:ダンロップ スリクソン ZX7(ロフト9.5度)

シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD DI(重さ80g台、硬さTX、長さ45インチ)

フェアウェイウッド:テーラーメイド SIM2(3番15度)、コブラ キング RAD SPEED ツアー(5番17.5度)

アイアン:ダンロップ スリクソン Z-フォージド(4番〜9番)

ウェッジ:クリーブランド RTX4 フォージド(48、52、56、60度)

パター:スコッティキャメロン プロトタイプ

ボール:ダンロップ スリクソン ZスターXV