24日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表され、米女子ツアー開幕戦「ヒルトン・グランドバケーションズ トーナメント・オブ・チャンピオンズ」を制したダニエル・カンが2ランク上げて8位となった。

同大会に出場した畑岡奈紗は7位、笹生優花は9位とともに1ランク後退した。前週11位のブルック・ヘンダーソン(カナダ)がトップ10に返り咲いた。

1位ネリー・コルダ、2位コ・ジンヨン(韓国)、3位リディア・コー(ニュージーランド)らトップ5に変動はなかった。

今季から参戦する米女子ツアーの第2戦「ゲインブリッジLPGA」(1月27〜1月30日/フロリダ州ボカリオGC)に出場する古江彩佳は14位のまま。

日本勢は稲見萌寧が15位、渋野日向子が37位(ともに変動なし)、西郷真央が39位(1ランクダウン)、西村優菜が41位(変動なし)で続く。