◇国内男子◇中日クラウンズ 事前情報◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)◇6557yd(パー70)

1960年に設立された国内最古の民間トーナメントは今年で62回目を迎える。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった2020年を挟み、2大会ぶりの有観客開催(各日5000人を目安)で28日(木)に開幕する。

前回は大雨の影響で初日が中止され、54ホール短縮競技として行われた。岩田寛が連覇を狙った宮本勝昌を逆転し、6年ぶりのツアー3勝目を挙げた。今度は岩田が青木功(1978年から3連覇)と尾崎将司(97年から3連覇)しかいない中日クラウンズ連覇に挑む。

105人と絞られたフィールドには、主催者推薦で世界アマチュアランキング1位の中島啓太(日体大)が名前を連ねた。2年連続の出場となる21歳は3週前のメジャー「マスターズ」から帰国して初戦。昨年12月「日本シリーズJTカップ」以来の22年国内ツアー初参戦でもある。

前週ツアー初優勝の23歳・桂川有人は地元愛知に“凱旋”しての一戦。国内開幕から3位→2位→2位と惜敗が続く星野陸也は、現在71位の世界ランクを6月「全米オープン」(マサチューセッツ州ザ・カントリークラブ)の出場目安となる60位以内(5月23日時点)まで上げるためにも早くタイトルが欲しいところだ。

歴代チャンピオンの一人でもある石川遼は、10年大会最終日に「58」をマークしたコース。今季出場3試合で2度の予選落ちを喫しているだけに、思い出の地から上昇カーブを描きたい。