◇米国女子◇パロスバーデス選手権 presented by バンク・オブ・アメリカ◇バロスバーデスGC (カリフォルニア州)◇6450yd(パー71)

ロサンゼルス郊外での新規大会が28日(木)に開幕する。会場は前週の「DIOインプラントLAオープン」が行われたウィルシャーCCから南に直線距離で30kmあまりの小高いエリアにあるコース。太平洋を望むコースには海風が吹き込み、アップダウンも激しい。プロツアーの開催は初めてとなる。

日本勢はツアーメンバーの笹生優花、古江彩佳、渋野日向子が2週前の「ロッテ選手権」から3連戦に臨む。3人とも直近2試合で決勝ラウンドを戦っており、体力勝負も想定される。「LAオープン」で今季初勝利を飾った畑岡奈紗はエントリーしなかった。

賞金総額は1500万ドル(約1億9000万円)と年間スケジュールで低額といえる大会だが、世界ランク1位のコ・ジンヨン(韓国)、リディア・コー(ニュージーランド)、ミンジー・リー(オーストラリア)らトップ選手も出場。レキシー・トンプソンはメジャー「シェブロン選手権」を終え、3週のオフを取って復帰する。

「オーガスタナショナル女子アマチュア」を制した16歳のアンナ・デービスが、主催者推薦で出場する。