米女子ツアーを主戦場にする渋野日向子が、5月19日(木)開幕の「ブリヂストンレディスオープン」(千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦コース)に出場することを決めた。2022年の国内女子ツアー初参戦となる。

渋野は米女子ツアーでルーキーイヤーの今季、前週までに6試合に出場してトップ10入りが3回。4月の「ロッテ選手権」で2位となり、ツアーメンバー登録後の初優勝を惜しくも逃した。年間ポイントレース(レース・トゥ・CMEグローブ)は現在20位につけ、来季のシード権獲得に大きく前進しており、柔軟なスケジュール作りが可能になった。

日本ツアーには昨年11月の「大王製紙エリエールレディス」以来の登場となる。その後の出場試合は現段階で未定で、再渡米後は6月のメジャー第2戦「全米女子オープン」(ノースカロライナ州パインニードルズ・ロッジ&GC)を見据える。

「ブリヂストンレディス」は愛知・中京GC石野コースで行われた前年大会で、稲見萌寧が優勝。今季は昨年まで男子ツアー「ブリヂストンオープン」を開催していた千葉県の袖ヶ浦CC袖ヶ浦コースで行われる。各日5000人を上限にギャラリーを入れる予定。