◇国内女子◇ブリヂストンレディスオープン 初日(19日)◇袖ヶ浦CC袖ヶ浦コース(千葉県)◇6713yd(パー72)

柏原明日架が前半8番(パー3/160yd)でホールインワンを決めた。「見えました。真っすぐ行って、ちょっと右に外れちゃうかなと思ったが、戻ってきてくれた」と笑顔で振り返った。

キャロウェイ契約選手として同社のクラブを中心にツアーを戦ってきたが、エースは大会を主催するブリヂストンのB2 HY ユーティリティ(6番)でもぎ取った。

「ユーティリティはずっと悩んでいたんですけど、他の選手が使っているのを見て、顔もいいなと思って今週作っていただいた。1、2回の調整ですぐフィットしてくれたって感じ。まさかこんなにすぐ結果が出るとは。女子の生命線と言われている距離(160yd)なので代えて良かった」

「ユーティリティってグリーンを狙うショット。飛ばすよりもここに止めたいって場所に止まるか。なかなか両方ともクリアするクラブがなかったが、距離も行ってくれるし、スピン量も適正。完璧でした」とべた褒めだ。

1アンダー22位で初日を発進。「契約先ではないけど、すごく手厚くサポートしてくれた。今からお礼を言いに行こうかな」とブリヂストンのクラブに何度も感謝した。(千葉市緑区/玉木充)