◇国内女子◇ブリヂストンレディスオープン 初日(19日)◇袖ヶ浦CC袖ヶ浦コース(千葉県)◇6713yd(パー72)

横峯さくらが4バーディ、1ボギーの「69」でプレー。首位と3打差の3アンダー4位の好発進を決めた。

今週からオデッセイ ホワイト・ホット OG パター #7 BIRDを投入し、「転がりも良くなったし、ロングパットの距離感も良くなった」と手応えを示した。

「すごく長いのも入ってくれたし、際どいパーパットも入ってくれた」。後半8番(パー3)ではフックラインの下り7mを沈めてバーディを奪った。

「先週まで30パット以上が普通だった」とこの日は26パットを記録し、グリーン上で結果を出した。

これまではピン型のパターをエースとして使用していたが、契約先のキャロウェイと相談しながら試行錯誤を繰り返した。「毎回5、6本持ってきてもらっていた。すごくありがたい」と感謝した。

「ここ最近はそんなに速くないグリーンが多くなってきていた。これから夏に向けてグリーンコンディションも変わってくる。そこに対応できないとやっていけない」

昨年2月に長男を出産した「ママゴルファー」。2014年「大王製紙エリエールレディス」以来となるツアー24勝目を目指す。(千葉市緑区/玉木充)