◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 2日目(20日)◇サザンヒルズCC (オクラホマ州)◇7556yd(パー70)

2オーバーの56位から出た松山英樹は前半9ホールを2バーディ、2ボギーで回り、通算2オーバーのままハーフターンした。

午後1時過ぎにスタートした開始1番、第2打がグリーンをオーバーしボギーが先行した。3番で2打目をピンそば1m以内に付けてバーディ、5番(パー5)で2つ目とした。6番(パー3)をボギーにしたが、8番(パー3)で2mのパットを沈めてピンチを脱した。

稲森佑貴も序盤3ホールを終えて、同じく2オーバー、星野陸也は前半16番までに4オーバーとした。香妻陣一朗、金谷拓実は序盤でボギーを重ねてプレーしている。木下稜介が「72」でホールアウトし、通算11オーバーでの予選落ちが濃厚になった。

午前中に出たジャスティン・トーマスが2ラウンド続けて「67」をマークし、6アンダーの暫定首位。現段階の予選通過スコアは通算4オーバー。タイガー・ウッズは5番でバーディを先行させ、3オーバーで前半6ホールを終えた。