◇海外女子メジャー◇全米女子オープン presented by プロメディカ 最終日(5日)◇パインニードルズ・ロッジ&GC(ノースカロライナ州)◇6638yd(パー71)

首位から出たミンジー・リー(オーストラリア)が4バーディ、4ボギーの「71」でプレーして通算13アンダーで逃げ切り、昨年の「アムンディ エビアン選手権」に続くメジャー2勝目を挙げた。ツアー通算8勝目。豪州勢の全米女子オープン制覇は3人目となった。

ただ一人の2桁アンダーで、後続に4打差の圧勝。271ストロークは大会最少記録を1打更新した。女子ゴルフ史上最高となる180万ドル(約2億3500万円)の優勝賞金を手にした。

通算9アンダー2位にミナ・ハリガエ。チェ・ヘジン(韓国)が7アンダー3位、コ・ジンヨン(韓国)が6アンダー4位、リディア・コー(ニュージーランド)が5アンダー5位に入った。

復帰戦となったネリー・コルダは2アンダー8位で終えた。ローアマチュアは1アンダー11位のイングリッド・リンドブラッド(スウェーデン)が獲得した。

5人が決勝ラウンドに進んだ日本勢は小祝さくらが通算3オーバーの20位、畑岡奈紗が5オーバー28位でフィニッシュした。

西郷真央は通算8オーバー44位、アマチュアの馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は9オーバー49位、高木優奈は19オーバー69位だった。