6日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表され、海外メジャー「全米女子オープン」を制したミンジー・リー(オーストラリア)が1つ上げて3位となった。同大会で2位に入ったミナ・ハリガエが30人抜きの22位と大きくジャンプアップした。

日本ツアー「リシャール・ミル ヨネックスレディス」で今季初勝利を挙げた稲見萌寧は22位から20位に順位を上げた。

日本勢トップの畑岡奈紗は7位で変わらず、笹生優花が14位(1ランクアップ)、西郷真央が18位(変動なし)で続く。

いずれも全米女子オープンで予選落ちした古江彩佳は26位(2ランクダウン)、渋野日向子が38位(5ランクダウン)、西村優菜が48位(4ランクダウン)と下げた。同大会で日本勢最高の20位で終えた小祝さくらは2ランク上げて54位となった。

1位はコ・ジンヨン(韓国)、2位がネリー・コルダで変わらず、ミンジー・リーと入れ替わって、リディア・コー(ニュージーランド)が4位に後退した。