コネチカット州クロムウェルのTPCリバーハイランズで開催されている「トラベラーズ選手権」で、タイトリストは新しいTSRドライバーとフェアウェイウッドをお披露目した。すでにUSGAの適合クラブリストに掲載されており、選手たちは今大会から実践投入が可能。

開幕前の月曜日にリリースを発表したタイトリストは、「研究開発の過程で最高な選手たちと共同作業をする中、彼らから最終的な検証での適合性を得ることは、全てのハイパフォーマンスなタイトリストゴルフ用具の開発にとって非常に重要なもの。これからの3日間、TPCリバーハイランズにて選手たちと作業し、彼らの新しいTSRモデルのフィッティングを行ってパフォーマンスに関するフィードバックを収集することになります。木曜のオープニングラウンドは、選手たちにとって、新しいTSRメタルウッドを実戦で使用できる初めての機会となります」とコメント。

タイトリストは、ドライバーの「TSR2」、「TSR3」、「TSR4」、フェアウェイウッドの「TSR2」、「TSR2+」、「TSR3」のそれぞれ3タイプをお披露目した。

ツアー現場で試打する段階ではあるが、ジャスティン・トーマス、ジョーダン・スピース、キャメロン・スミス、ウェブ・シンプソン、そしてウィル・ザラトリスといったPGAツアーのトッププロたちが使用するTSiメタルウッドに取って代わるクラブとし、差し替えに向けた準備は整っているものと思われる。

GolfWRX.coは月曜に現場へ入り、新しいTSRドライバーとフェアウェイウッドを調査し、選手たちから新製品に関する第一印象について聞いてみた。選手たちの反応とクラブの画像は以下の通り。

J.T.ポストン

「僕は今、(TSR)ドライバーと3番ウッドをバッグに入れている。もちろん、本当のテストはゴルフコースで行われるけれど、練習レンジでトラックマンを使って打った限りでは、最高だった。僕は見た目が気に入っているんだ。タイトリストは常に、見た目に関して良い仕事をする。それに今回のやつは、打音と打感がかなり良いね。たくさんのフィードバックが得られるんだ」

「3番ウッドに関しては、先ずその打ち出し角が少し高くなったことに気付いたけれど、スピン量が増え過ぎるということはないんだ。だから、パー5の2打目に良いと思うけれど、特定の風向きやティショットにも良いと思う」

「ドライバーはこれまで僕が打っていたTSiより少し遠くへ飛ぶし、打感が素晴らしいね」。

「まだ月曜で、飛行機や車から降りたばかりだから、判断するのは難しい。毎週、僕は徐々に初速が速くなるように感じるから。ただ、TSiでの最速が時速171マイルだったのに対し、TSRで思いっきり叩いたら、時速173マイルに届きそうだったんだ。まあ、余裕で時速1マイルは速いとは言えるね。もしかしたら、1.5〜2マイルほど速いかもしれないけれど、これからの2日間ほどで、より詳細が掴めるだろうね。とにかく気に入ったよ」

「特に3番ウッドは素晴らしいね。金属音のような“ティン”という音がしないんだ。もっと密度があって、“ドン”という感じだね。僕にとって、打音と打感の組み合わせは、断然多くのフィードバックが得られるんだ。3番ウッドはこれが顕著で、ドライバーも少しだけそんな感じだった」

ラント・グリフィン

「3番ウッドは最高だね。この3番ウッドは座りがとても綺麗なんだ。溝に施された仕事も気に入っている。アドレスでフェースを見下ろすと、打つのが簡単そうに見えるんだ。より簡単に、高い球が打てるように見える。打感はかなりソリッドで、ミスヒットも真っ直ぐに飛ぶ。そんなにラインから外れて飛ばないんだ」

「そして、ドライバーは極度にクリーンだね。少なくとも僕にとっては、形状という観点からは、古い(TSi)のとかなり似ている。見下ろすと、とてもソリッドな感じがする。もちろんより初速が速くなっていて、大体、時速1マイルほどは速くなっているね」

「僕の意見では、3番ウッドは大きく改良されている。3番ウッドと7番ウッドは、今週、実戦投入するよ。いくつか異なるモデルをテストしているけれど、僕は全て気に入った。良いニュースは、僕が全て気に入ったということで、悪いニュースも僕が全て気に入ったということ。今週必要とされる条件に応じて、15度か16.5度のどちらかを選ぶことになる。でもまあ、とにかくウッドは素晴らしいし、ドライバーも良いね。僕がこのドライバーについて、そこまで熱心でない唯一の理由は、(今の)ドライバーの調子が良いからで、これまで機能していたことを変えたくないという気持ちなんだ。でも、明日ドライバーの感触も良いようであれば、ドライバーも実戦投入するかもしれない。まあ、3番ウッドと7番ウッドは確実だね」

(協力/ GolfWRX, PGATOUR.com)