◇国内女子◇資生堂レディスオープン 最終目(3日)◇戸塚CC(神奈川県)◇6570yd(パー72)

単独首位で出た青木瀬令奈が6バーディ、3ボギーの「69」で回り、通算14アンダーとして逃げ切り、今季初優勝を果たした。2021年6月「宮里藍サントリーレディス」以来のツアー通算3勝目。出だしで2連続ボギーをたたいたが、直後の2連続バーディでスコアを戻すと、その後に3つ伸ばした。

黄アルム(韓国)が8バーディを奪取、トーナメントコースレコードの「64」をマークして、吉田優利、菊地絵理香と並んで通算12アンダー2位に入った。

2日目トップだった大出瑞月が7バーディ「65」で回り、24位から通算11アンダー5位に順位を上げて終えた。ユン・チェヨン(韓国)、ささきしょうこ、勝みなみ、山下美夢有が同じく5位だった。

地元・横浜出身の原英莉花、賞金女王の稲見萌寧らが通算6アンダー21位。前年覇者の鈴木愛は通算3アンダー42位に終わった。