◇日本アマチュア選手権 3日目(30日)◇広島カンツリー倶楽部八本松コース(広島)◇7229yd(パー72)

日大4年の古川龍之介が「66」をマークし、通算12アンダーで単独首位に立った。首位と2打差2位には岡田晃平(東北福祉大3年)、4打差3位には2週前の国内男子下部ABEMAツアーを制した蝉川泰果(東北福祉大4年)、本大志(東京・目黒日大高2年)が続いた。

昨年の「全国高校選手権春季大会」を制した小林大河(日大1年)は「69」で回って通算イーブンパーの29位。ナショナルチームメンバーの杉浦悠太(日大3年)は通算2アンダー17位、昨年の「日本シニアオープン」で8位タイに入った水上晃男は「73」で通算2オーバー40位から最終日に臨む。