◇国内女子◇資生堂レディスオープン 最終日(3日)◇戸塚CC(神奈川県)◇6570yd(パー72)

13位から出た勝みなみが6バーディ、1ボギー「67」とスコアを5つ伸ばし、通算11アンダーの5位に食い込んだ。

前半で3バーディを奪い、後半は12番をボギーとしたものの、続く13番(パー5)、14番(パー3)で2連続バーディ、17番では6mのパットを沈めてスコアを伸ばした。「今の(自分が)持っているものを使って、楽しみながらラウンドしたからここまで伸ばせたのかな」と笑みを浮かべた。

「初日からこの位置まで持っていけたのは、すごい自信になった」。初日に「75」をたたいて90位と大きく出遅れたが、24歳の誕生日だった2日目には「67」の“バースデーチャージ”で35位浮上、3日目も「68」で回って13位に順位を上げ、最終日には優勝した青木瀬令奈に3打差まで迫る追撃を見せて、リーダーボードを駆け上がった。

2日目の夜には、今大会でキャディを務めた母親の久美さんとケーキ&シャンパンで誕生日をお祝い。一緒に全国を転戦する母親へ「4日間で疲れていると思うので、ゆっくり休んでもらいたい」と感謝の気持ちを口にした。

誕生日からの3日間はいずれも60台を並べて、24歳の“スタートダッシュ”を決めた。「たまたまかも」とはにかむが、この勢いに乗ってさらに上を目指す。「自分の目標に向かってやるべきことをしっかりして頑張っていこうと決めたので、焦らず、自分のペースで上位を狙っていきたい」。気持ちよく歳を重ねていい年にしたい。(横浜市旭区/内山孝志朗)