◇メジャー第4戦◇全英オープン 2日目(15日)◇セントアンドリュース オールドコース(スコットランド)◇7297yd(パー72)

世界ランキング6位のキャメロン・スミス(オーストラリア)がメジャー初勝利に向け単独首位に浮上した。3位から1イーグル6バーディのベストスコア「64」をマークし、通算13アンダー。2位のキャメロン・ヤングに2打差をつけて第150回大会を折り返した。

全英オープンで8年ぶり、2勝目がかかるロリー・マキロイ(北アイルランド)は2位から「68」で、10アンダーの3位に一歩後退。ビクトル・ホブラン(ノルウェー)と並んだ。メジャー2勝のダスティン・ジョンソンが9アンダーで5位をキープした。8アンダー6位に世界ランク1位のスコッティ・シェフラーとティレル・ハットン(イングランド)が続く。

メジャー初出場の桂川有人が5バーディ、1ボギーの「68」で回り、5アンダーとして18位で決勝ラウンドに進出した。同じく35位から出た松山英樹は3バーディ、3ボギーの「72」と伸ばせず、1アンダーのまま55位に後退した。

通算イーブンパー66位までの83人が予選を通過。金谷拓実、前年大会優勝のコリン・モリカワは1オーバーでカットラインに1打届かなかった。世界アマチュアランキング1位の中島啓太は3オーバーの107位でアマとして臨んだ最後のメジャーも決勝ラウンドに届かなかった。

星野陸也は4オーバー117位、比嘉一貴は5オーバー125位、146位で終えた今平周吾は「72」で回ったが初日の8オーバーが響いた。

146位からスタートしたタイガー・ウッズは「75」とこの日もスコアを落として9オーバーの148位、2日で聖地を去った。