◇国内メジャー◇日本プロゴルフ選手権 事前情報◇グランフィールズCC(静岡県)◇7219yd(パー71)

6週間ぶりとなる国内男子ツアー、日本プロゴルフ協会(PGA)主催の国内メジャー競技が4日(木)に開幕する。8月開催に時期を移した大会の舞台は静岡・グランフィールズCC。西側に富士山を望み、駿河湾を見下ろす丘陵コースでは、直近で2018年まで国内女子ツアー「サイバーエージェントレディス」が開催されていた。

栃木・日光CCでの前年大会を制したキム・ソンヒョン(韓国)は、日本タイトルを引っ提げて今季から米下部コーンフェリーツアーに参戦。すでに来季PGAツアー昇格を手中に収めている23歳は不在となる。

ここまで賞金レースをリードするのは今季2勝の比嘉一貴。6月「BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」に続く国内メジャー2連勝となれば、韓国のS.K.ホ(2004年ツアー選手権、日本プロ)以来。世界ランキングでも松山英樹に次ぐ日本勢2番手(78位)に浮上した27歳が快挙に挑む。

今季ブレークした23歳の桂川有人は大会初出場。実績十分ながら国内メジャーVには届いていない星野陸也、今平周吾といった賞金ランク上位者も頂点を狙う。ツアー優勝から遠ざかっている石川遼、宮里優作、池田勇太といった歴代覇者も存在感を示したい。

昨年減額となった賞金総額は1億5000万円(優勝3000万円)となり、コロナ禍前の水準に戻った。大会は3日(水)の指定練習日からギャラリー入場を許可して実施される。