◇国内女子◇北海道meijiカップ 事前(4日)◇札幌国際CC島松コース(北海道)◇6531yd(パー72)

北海道札幌市出身でツアー1勝の藤田光里がプロアマ戦で最終調整。コロナ禍などを経て3年ぶりの大会開催に、「うれしかった。コースのコンディションもきれい、グリーンも仕上がっている印象を受けた」と笑顔を見せた。

今季はレギュラーツアーに出場した全6試合で予選落ち。パーオン率も53%とショットの安定感を欠いてきた。

「春先に左のもも裏を肉離れした。けがをしたときは歩けなかった状態だった」と不振の原因を明かした。それでも「大きいクラブを持つと痛むこともあるが、そのときに比べて良くなっている。やっと自分の納得いくショットが打てている。がんばりたい」と前を向く。

「プロになってからもそうだし、アマチュア時代もお世話になっている大会。成績を残したいのもあるし、自分の最大限の力を出したい」。まずは今季初のレギュラーツアー予選通過で地元大会を盛り上げたい。