◇女子メジャー第5戦◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 最終日(7日)◇ミュアフィールド (スコットランド)◇6649yd(パー71)

メジャー2勝目へ向け、5打差の通算9アンダー2位で最終日を迎えた渋野日向子が最後の18ホールをスタートした。午後3時50分(日本時間午後11時50分)に最終組でティオフ。出だしの1番をパーで発進した。14アンダー首位のアシュリー・ブハイ(南アフリカ)もパーとした。

名前をコールされると、指笛も響く大歓声。キャップのつばに左手を当てて一礼した。1Wでのティショットはフェアウェイへ。左からアゲンストの強風を受ける中、2打目はグリーンをとらえた。ファーストパットはピン右1.2mにつき、これを沈めた。

ブハイとの2サムでの最終組は、優勝した2019年の「全英女子」の最終日と同じ組み合わせだ。メジャー2勝目となれば、日本勢では男女を通じて初めてとなる。

渋野は初日に「65」をマークし、単独首位で発進。2日目に「73」とスコアを落として7位に後退したが、3日目を「66」として2位に浮上した。