◇米国男子プレーオフ第1戦◇フェデックスセントジュード選手権 2日目(12日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7243yd(パー70)

8アンダーの首位タイから出たJ.J.スポーンが5バーディ、2ボギーの「67」で回り、通算11アンダーで単独トップに浮上。今季2勝目、プレーオフシリーズ初勝利へ絶好の位置で決勝ラウンドに進んだ。

トロイ・メリット、今年2月の「ザ・ホンダクラシック」でオーストリア人として初のPGAツアー優勝者となったセップ・ストライカが1打差の2位につけた。スポーンと同じ首位スタートのキム・シウー(韓国)は「73」で通算5アンダーの27位と大きく後退した。

フェデックスカップポイントランキング1位でプレーオフに進んだスコッティ・シェフラーが通算1アンダーの70位。ロリー・マキロイ(北アイルランド)らとともに、カットラインに1打及ばず予選落ちを喫した。

一方でランク2位のキャメロン・スミス(オーストラリア)は8アンダー5位と好位置。ランク3位のサム・バーンズは6アンダー17位で週末に入る。

ランク94位のジャスティン・ローズ(イングランド)、113位のジェイソン・デイ(オーストラリア)、122位のウェブ・シンプソンらは決勝ラウンドに進めず、今大会終了後の上位70人による次週の第2戦「BMW選手権」(デラウェア州ウィルミントンCC)を前にシーズンを終えた。