女子ゴルフの29日付世界ランキングが発表され、国内女子ツアー「ニトリレディス」で今季2勝目を挙げた稲見萌寧は22位で変わらなかった。同大会予選落ちで2ランク下げて23位に後退した西郷真央に代わって日本勢3番手に上がった。

米国女子ツアー「CP女子オープン」を13位で終えた畑岡奈紗は9位をキープして日本勢最上位。同大会45位だった古江彩佳は2ランクダウンの21位となった。

渋野日向子が1ランク上げて29位、笹生優花が1ランク下げて30位と入れ替わった。「ニトリ−」でともに2位だった西村優菜が2ランク上げて36位、山下美夢有は3ランク上げて39位で続く。

「CP女子−」でツアー初優勝したポーラ・レト(南アフリカ)が142位から86ランクアップ、自己最高の56位と大きく飛躍した。

トップ3は、1位がコ・ジンヨン(韓国)のままで、ネリー・コルダが1つ上げて2位、入れ替わりでミンジー・リー(オーストラリア)が3位となった。