◇米国女子◇クローガー・クイーンシティ選手権 presented by P&G 初日(8日)◇ケンウッドCC(オハイオ州)◇6515yd(パー72)

スタートから2ホール連続で寄せワンのパーセーブ、4番(パー5)ではウェッジショットでバンカー越えのピンに絡めてバーディを先行させた。粘り強い滑り出しを見せた渋野日向子だったが、そこから苦しむ時間帯が続いた。

5番でチャンスを逃して肩を落とすと、7番でトラブルに見舞われた。林に突っ込んだティショットは見つかったものの、レイアップした後の3打目を奥ピンの奥にこぼすミス。近いピンに向かって打ち上げるアプローチを寄せながら、3パットが重なってトリプルボギーを喫した。

「一番やっちゃいけないことをやってしまったのがすごく悔しい」と背中で怒りをにじませつつ、練習ラウンドでチェックできていなかった後半インコースへ。打ち上げの179ydとなるパー3の11番は手前を警戒して7Wを持ったが、引っかけ気味のショットが奥のバンカーに入ってボギーをたたいた。

これ以上の出遅れが許されない中、上がり4ホールで流れは少し上向いた。残り130ydほどからの3打目をピタリと絡めた15番(パー5)でタップインバーディ。17番では花道から目いっぱいフェースを開いたアプローチは明らかに強く出たが、2バウンドしてピンに当たり、カップを鳴らした。「いつもだったら(土手に当てて)クッションを使うんですけど、ちょっと上げにいった。『あー…』と思ったら入った」と苦笑するチップインバーディで運も味方した。

最終18番は、1Wショットを何とかフェアウェイに置けた後のセカンドが223ydも残るタフなシチュエーション。「ムズかった」と振り返る3Wでミドルパットを打てる距離に乗せ、パーで締めくくる必死のフィニッシュだった。

1オーバーと2日目の巻き返しが求められるスコアにも、下は向かない。「まだまだショットは良くすることもできると思いますし、パッティングもまだまだ頑張れる。“伸びしろ”しかないなと思うし、15、17とバーディが獲れて、最後も何とかパーであがれた。明日もっと頑張れたら」と言い聞かせるように話した。(オハイオ州シンシナティ/亀山泰宏)