◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 3日目(17日)◇札幌GC輪厚コース(北海道)◇7063yd(パー72)

ツアー通算21勝の池田勇太が5バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算18アンダーとし、3日間首位を守った。2010年、2017年に続く大会3勝目と2019年「ミズノオープン」以来、3年ぶりの優勝をかけて最終日に臨む。

3打差の通算15アンダー2位にツアー7勝の今平周吾。今季の2勝はいずれも逆転勝利で、最終日に巻き返しを図る。通算13アンダー3位に大槻智春と堀川未来夢がつけた。

この日、31歳の誕生日を迎えた石川遼は5番と12番(ともにパー5)で2イーグルを奪うなど「68」でプレー、杉山知靖、時松隆光、久常涼と並んで通算12アンダー5位とした。

賞金ランキング1位で2週連続優勝がかかる比嘉一貴は通算10アンダー12位。

日本ツアー今季初戦の小平智は4バーディ、2ボギーの「70」で回り、通算5アンダー41位で3日目を終えた。