◇米国女子◇アメージングクリー ポートランドクラシック 事前(14日)◇コロンビア・エッジウォーターCC(オレゴン州)◇6478yd(パー72)

2週連続の予選落ちを経て迎える今週は「ここでしっかり(流れを)変えたい」と意気込んでいる。渋野日向子はプロアマを終えた後、3時間近くを練習に費やした。

月曜、火曜と1ラウンドずつプレーし、水曜はプロアマ9ホールを回って練習場へ。開幕前の3日間をフルに使って調整を行い、まずは予選通過を目指す。

ポートランドクラシックは初出場以来2年ぶり。「ああ、こんな感じだったな」と思い返しながら久々に回ったコースは、思った以上に仕上がりが良い。「グリーンは速いけど止まる。フェアウェイもきれい。めちゃくちゃマネジメントしがいがある」と攻略法に思いを巡らせながら、苦い記憶もよみがえる。

24位で終えた2020年大会は「“お先でーす”を外しちゃった」と最終日の3番ホールで、1m弱のボギーパットがカップの縁を滑った。

ショートパットは今も課題だ。前週「クローガー・クイーンシティ選手権」2日目のスタートホールは、返し1m弱を外して3パットのボギー発進と手痛いミス。「だいぶ引きずりました」と終盤までパッティングが響いて予選通過を逃したが、「ショートパットの打ちだしも練習してきて、ちょっとずつ良くなってきていると思いたい」と大会に臨む。

8月の「AIG女子オープン」では、手応えを感じながら優勝争いを演じて3位に入った。「一日、一日、いいゴルフができるように頑張ります」と納得のいくプレーを目指して、黙々と球を打ち続けた。(オレゴン州ポートランド/谷口愛純)