◇国内女子◇住友生命Vitalityレディス 東海クラシック 事前(15日)◇新南愛知CC美浜コース(愛知)◇6502yd(パー72)

西郷真央が開幕前日のプロアマ戦に参加して最終調整。「(コースが)木に囲まれているので、高さを自分で制限できたらそこまでのけがにつながることはない。去年よりもグリーンが柔らかくてスピードが重いので、ピンをデッドに狙っていった方がチャンスを作りやすい」とコースのコンディションを確かめた。

3週前の「ニトリレディス」では予選落ちを喫し、今季の開幕戦から守り続けていたメルセデスランキング首位の座を山下美夢有に明け渡した。

「ドライバーで悩んでいた時期があって、夏場にかけてハードなヘッドのスピン量を少なくして、色々試していた」。8月に出場した海外メジャー「AIG女子オープン」(全英女子)対策として、今季使用していた1Wと同じモデル、同じロフトながらも低スピンのボールが打てるヘッドに替えたところ、飛距離は伸ばせたものの、今度はアイアンの調子が狂ってしまったという。

「ちょっと飛距離でロスしている部分はあるんですけど、振りやすかったり、安定性を求めて元に戻して、そこからアイアンへの流れも良くなったかなっていうのは感じる」と、「ニトリレディス」の翌週に今季5勝を挙げたヘッドへの回帰を決断。前週のメジャー「日本女子プロゴルフ選手権」で7位と国内ツアーでは久しぶりのトップ10入りを果たした。

今週は週末にかけて台風が接近する予報も出ており、2年連続の短縮競技も視野に入れながらの戦いとなる。「天気がどうなるかは分からないけど、できれば最初から伸ばしていけたらいい」。今季6勝目を挙げて“首位奪還”を狙う。(愛知県美浜町/内山孝志朗)