◇米国女子◇アメージングクリー ポートランドクラシック 3日目(17日)◇コロンビア・エッジウォーターCC(オレゴン州)◇6478yd(パー72)

「スコットランド女子オープン」での初優勝から2カ月後、古江彩佳が米ツアー2勝目に手をかけた。首位と2打差から出た3日目は、同組の選手にプレッシャーをかけるように際どいパットが次々決まる。

5番で2.5mを決めたのを皮切りに、5m、7mを流し込んで3連続バーディ。ここで通算12アンダー、横並びの首位グループから抜け出して単独トップに躍り出た。

鬼門となるのが後半序盤。「バーディチャンスにもつけづらい」と10番からの3ホールは、この3日間で初日のバーディひとつだけ。この日も11、12番と長いバーディパットが残ったが、ファーストパットで“OK”に寄せて堅実にパーを拾っていった。

7ホールぶりのバーディがきたのは14番。1Wを振り切ったティショットはフェアウェイをとらえ、2打目を1mにつけて余裕のカップイン。「やっと後半、獲れてよかったです」と“ご褒美”を喜んだ。

ボギーなしの5バーディ「67」。3日間でスコアを落としたのは、2日目の1番ボギーひとつだけだ。「獲れるところはとって、またボギーフリーで上がれるように頑張りたい」と意気込む。

通算13アンダー首位で最終日を迎える。ルーキーイヤーで2勝を獲れば、2017年のパク・ソンヒョン(韓国)以来だ。(オレゴン州ポートランド/谷口愛純)