◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 最終日(18日)◇札幌GC輪厚コース(北海道)◇7063yd(パー72)

まさかの幕切れに、復活優勝を逃した石川遼も笑顔だった。プレーオフ1ホール目(18番)。8Iでの第2打をピン手前3mにつけてバーディチャンスを作った直後、大槻智春のセカンドはピン奥からバックスピンでカップに消えた。イーグルでの決着に「あれだけのショットを打ったことに、ただただ、脱帽です。入るのは想定していなかった」と勝者をたたえた。

2019年「日本シリーズJTカップ」以来、ツアー通算18勝目は目前に迫っていた。首位と6打差で迎えた最終ラウンドは、スタート直後から猛チャージ。朝から冷たい雨が降る天候を「タフなコンディションでスコアを伸ばせれば差を縮められる」と捉え、出だし1番から3連続バーディで滑り出した。

5mを沈めた8番(パー3)から2連続バーディを決め、前半アウトを「31」(パー36)。12番(パー5)のバーディで首位に立ち、15番で8つ目を決めたが、直後にミスが続いて再び追いつかれた。

16番(パー3)で痛恨の3パットボギー。確実に伸ばしたい17番(パー5)をパーにした。残り約275yd、右ラフからの2打目は3Wで林の中へ。1Wショットを曲げた瞬間には“刻み”を考えたが、ボールを見て考えを変えたという。「ライが良く、良いショットが出る確率を多く見積もりすぎた感じがある。林に入ったのが敗因と言えば敗因。プレーオフに行かずに勝てたチャンスはあった。技術、状況判断が追いつかなかった」と反省した。

タイトルを掴みかけたことには手応えもある。「優勝争いの状況に入れた。そこでしか得られないものもある。17番のセカンド以外はショットで崩れることがなかった」とロングゲームでの精度向上への自信をまたひとつ積み重ねた。直近4試合で3回目のトップ10入り。「これからのシーズン終盤が楽しみ。より次に弾みがつく1週間だった」と前を向く。

最後に苦笑いした。「打ちたかったですね。打って、得られたものはあったはず」。プレーオフでバーディにトライさせてもらえなかったことが悔しい。どよめきの中で、グリーン上のボールを拾い、思った。「パッと見たんですけど、上り、真っすぐの良いラインでした」。ウィニングパットはまたきっと、打てる日が来る。(北海道北広島市/桂川洋一)