◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 最終日(18日)◇札幌GC輪厚コース(北海道)◇7063yd(パー72)

石川遼も、そして池田勇太も2019年以来の優勝にあと一歩が届かなかった。単独首位から4バーディ、4ボギーの「72」と伸ばせず通算18アンダーのまま。大槻智春と石川のプレーオフに割って入れず、「本当に勝って終わりたかった。せめてプレーオフには進出したかった」という無念の3位フィニッシュになった。

後続に3打差以上をつけて迎えた最終ラウンドはガマンの展開。2つ目のバーディにしたかった9番(パー5)。花道からのアプローチを5mオーバーさせパーで終えると、サンデーバックナインの混戦を呼んだ。10番からの2連続ボギーで1つ前の組を回る石川を追う立場に。17番(パー5)のバーディで通算19アンダーとしたとき、頭の中で優勝スコアの“誤認”があった。

「遼は20アンダーで上がっていると思っていた(実際は19アンダー)。リーダーボードが(17番グリーン、18番ティイングエリア近辺)になくて…」。プレーオフ進出のためにはもう1つバーディが必要と考え、フェアウェイからの第2打で長いクラブを持つ積極策をとった。これが裏目に出て、グリーン左奥に引っかけ、2パットボギー。2人に1打及ばなかった。

首痛のため2試合を欠場した後の復帰戦。手探り状態でトーナメントを引っ張ったことへの満足感はまだわいてこない。「18番グリーンに着たときはショックでした。パーで良いなら(2打目の判断は)すごく簡単だったが…。リーダーボードが欲しかった。最後の最後に運がなかったですね」。患部の痛みについては言及を避けたが、「ちょっと分からないけど、またお休みすることになりそう。とりあえず、まあしゃあない」と次週以降の出場が不透明ではある。(北海道北広島市/桂川洋一)