◇国内女子◇住友生命Vitalityレディス 東海クラシック 最終日(18日)◇新南愛知CC美浜コース(愛知)◇6502yd(パー72)

19歳のルーキー尾関彩美悠が、プロとしての出場17試合目で念願のツアー初優勝を飾った。

14本中、パター以外の13本は契約する住友ゴム工業(ダンロップ)のクラブで統一している。「本当にクラブに助けられた部分がほぼほぼだったので、メーカーの方にも早くお礼が言いたい」と話した。

1Wは松山英樹や、星野陸也ら男子選手もテストするスリクソンの未発売モデルを使用。大会3日間のドライビングディスタンスは「249.167yd」で全体8位、フェアウェイキープ率は「69.05%」(29/42)で全体3位の数字をマークした。

パーオン率は「90.74%」(49/54)で全体1位。昨年12月に発売されたアイアン「ダンロップ ゼクシオ エックス」と、ウェッジの「クリーブランド RTX ZIPCORE」を操り、安定したショットでツアー初優勝をつかみ取った。

<最終日のクラブセッティング>

ドライバー:スリクソン ZX プロトタイプ(8.5度)

シャフト:藤倉コンポジット VENTUS BLUE(長さ45.5インチ、重さ50g台、硬さS)

フェアウェイウッド:スリクソン ZX プロトタイプ(3番15度、5番18度)

ユーティリティ:スリクソン ZX プロトタイプ(3番19度、4番22度、5番25度)

アイアン:ダンロップ ゼクシオ エックス(6番〜PW)

ウェッジ:クリーブランド RTX ZIPCORE(50度、56度)

パター:オデッセイ ELEVEN TOUR LINED

ボール:ダンロップ Zスター XV