◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 初日(23日)◇利府GC (宮城)◇6491yd(パー72)

雨の中、山下美夢有がツアー記録に名前を刻んだ。ボギーなしの12バーディ「60」をマーク。これまでの18ホール(パー72)のツアー最少ストローク記録(※)を1打更新した。

「後半からイメージができていた。打ったら入ってという感じだった」。年間女王レースでトップを走る21歳が初日からバーディを奪い続けた。

前半2番では82ydから52度で横50cmにつけてバーディ。4番パー3からも3連続でスコアを伸ばした。

8番パー5のバーディパットは4mのフックライン。「結構フックして下りが入った。それがタッチ良くて。そこからフックラインのイメージが出てきた」と振り返った。

フェアウェイキープ率93%(13/14)、パーオン率89%(16/18)、パット数は22を記録した。今週から投入した契約するスリクソンのドライバーもばっちりハマった。新商品をPRするというホステスプロとしての重責も果たせそうだ。

同組の青木瀬令奈は5アンダー、菅沼菜々も4アンダーと好プレーだったが、「スコアが悪くないのに、12(アンダー)も出すからオーバーパー打っているような感じ」と2人からの“悲鳴”も。

「12アンダー出そうとか思ってなかった。上がってみたら12という感じだった」。この日はオフに指導を受ける男子プロの中嶋常幸が来場しており、最高のプレーを届けた。(宮城県利府町/玉木充)

※これまでの記録(パー72)は「61」。2012年「サントリーレディス」(兵庫・六甲国際)第4Rのキム・ヒョージュ(韓国)、21年「中京テレビ・ブリヂストンレディス」(愛知・中京GC石野コース)第1Rの稲見萌寧がマークした。