◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 2日目(24日)◇利府GC (宮城)◇6491yd(パー72)

8月に2週連続優勝を果たしたルーキーの岩井千怜が7バーディ、1ボギーの「66」でプレーし、67位から通算6アンダー9位に浮上。2勝目を挙げた8月「CAT Ladies」以来、5戦ぶりの予選通過を果たした。

「ホッとしました。めちゃくちゃしんどかった。予選落ちした試合も毎回楽しかったと思えたが、ただ、なんというか自分の思うようにいかない。そこは悔しかった」

出だし10番から3連続バーディで、最終9番も10mを沈めてバーディ締め。「最初のほうのゴルフは優勝したときの感覚がちょっと戻ったかなと思った。パターが良かった。1ピン以内に入ったのがなくて5ydから10yd以内のパターが決まった」と振り返った。

初日「72」からの急浮上を支えたのがパット。「フォローバックのときに素直に上げる、上げる意識じゃなくて素直に自然と上げるような感じで打つようにしました」。この日は26パットを記録した。

結果につながらない4週は、ツアー初優勝から2週連続Vの快挙を達成した「CAT−」のナイスショットを集めた動画をひたすら見返した。

「いいプレーをひたすら見ました。悪いときはパターもカップを見る回数が増えていた。違いがあった」と原点を見つめ直した。

「あしたもこの流れに乗っていきたい。うれしいです。とりあえず」。次週はメジャー「日本女子オープン」(千葉・紫CCすみれコース)を控えるだけに上り調子で残り18ホールを乗り切りたい。(宮城県利府町/玉木充)