◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 事前情報◇紫CCすみれコース(千葉)◇6839yd(パー72)

今年で55回目を迎えるナショナルオープンは、ツアー史上最長となる6839ydの千葉・紫CCすみれコースで初開催される。2020年には男子の日本オープンの会場として使用されており、フラットな地形ながら、うねりのあるフェアウェイへの対応が求められる。賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円をかけて争われる。

台風の影響により大会2日目が順延され、24年ぶりの月曜決着となった前年大会は、第3ラウンドを終えて首位に浮上した勝みなみが最終日にチップインを2発決めるなど「66」で回り、後続に6打差つける圧勝で通算6勝目を挙げた。今年は7月の「楽天スーパーレディース」で史上初の72ホールノーボギーVを遂げており、樋口久子と畑岡奈紗に次ぐ3人目の大会連覇に挑む。

2週連続優勝がかかる山下美夢有と19歳の川崎春花がメジャー2勝目を狙うほか、今季5度の2位に涙をのんだ吉田優利が頂点を獲りに行く。吉田と同門の姉弟子、上田桃子のメジャー初制覇にも注目だ。

8月「全米女子アマ」を制した馬場咲希(東京・代々木高2年)も参戦。日本ゴルフ協会(JGA)の特別承認枠での出場で、大会初日は勝、今季5勝の西郷真央とともに午前11時35分にティオフする。