◇国内女子メジャー◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 3日目(1日)◇紫CCすみれコース(千葉)◇6839yd(パー72)

首位と3打差の9位から出た申ジエ(韓国)が4バーディ、1ボギーでこの日のベストスコア「69」で回り、通算2アンダーの単独首位に浮上した。大会初優勝、国内メジャー5勝目をかけて、残り18ホールに挑む。

1打差に「70」でラウンドした吉田優利が続いた。通算1オーバー3位に前年大会覇者の勝みなみ、メルセデスランキングトップで2週連続優勝を目指す山下美夢有、森田遥の3人。

通算2オーバー6位に国内メジャー連勝を狙うルーキー川崎春花。通算3オーバー7位に小祝さくら、黄アルム(韓国)、佐久間朱莉がつけた。

アマチュアの馬場咲希(代々木高2年)は2バーディ、4ボギー「74」で回り、西村優菜らとともに通算4オーバー、アマチュアの中で最上位となる10位につけた。8番(パー3)ではティショットを左バンカーに入れ、9番ではグリーン奥からのアプローチショットをミスして連続ボギーにしたが、「最後まで集中はできていた」。ティショットをフェアウェイにつけた12番(パー5)では2オンに挑戦するプレーも披露した。

アンダーパーはトップ2人と難しいセッティングの中でのプレーではあるが、最終日に向けて「ショットとか、全体的にあまり悪くない。一日でもいいからアンダーを出したい」と話した。キャディを務めるコーチと相談し合ったうえで、「スコアや結果とか気にせずに、明日は思い切り自分のゴルフができたら良いなと思います」と意気込んだ。

単独首位から出て「79」と落とした木村彩子は通算5オーバー16位に後退した。

稲見萌寧は原英莉花、大里桃子らと並んで通算7オーバー29位で最終日を迎える。