◇日米女子ツアー共催◇TOTOジャパンクラシック 事前情報◇瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)◇6616yd(パー72)

3年ぶりに日本で行われる米国女子ツアー公式戦が3日(木)に開幕する。2020年、21年大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により国内ツアー単独で実施された。昨年から4日間競技となり、滋賀県の瀬田ゴルフコースで賞金総額200万ドル(約2億9669万円)、優勝賞金30万ドル(約4450万円)をかけて争う。

予選カットなしのフィールドには米ツアーから42人、日本ツアーから36人の選手が集結。19歳で世界ランキング1位に浮上したばかりのアタヤ・ティティクル(タイ)、6月の「全米女子オープン」を制したミンジー・リー(オーストラリア)といった世界トップランカー、メジャー1勝のイ・ジョンウン6(韓国)らが来日した。

通算16アンダーで前年大会を制した古江彩佳は2週ぶりにトーナメント参戦。前回は無観客開催だったこともあり、故郷の応援を力に米ツアー2勝目となる連覇に挑む。

米ツアー組では前週の国内ツアー「樋口久子 三菱電機レディス」に出場した畑岡奈紗と渋野日向子が連戦を組んだ。笹生優花は昨年大会以来、1年ぶりの日本での試合だ。

国内ツアーからはメルセデスランキング1位の山下美夢有をはじめ、同2位の西郷真央、同3位の稲見萌寧が米ツアー初優勝を目指す。来季の米ツアー出場権をかけた最終予選会を控える西村優菜、勝みなみの活躍も期待される。岩井千怜、佐藤心結、後藤未有、佐久間朱莉は大会初出場となる。