◇国内男子◇マイナビABCチャンピオンシップ 2日目(4日)◇ABC GC(兵庫)◇7217yd(パー72)

11番ホール、457ydのパー4。ティショットを大きく右に曲げた蝉川泰果は、スタートして2ホール目でいきなりピンチに直面した。ボールは林を越えて右隣にある12番のベアグラウンドにあった。「マズイな。横に出すとしても難しいし…」。グリーンエッジまでは130yd。前を無数の木々がさえぎる。ピンを狙わずに横に出すとしても、林が邪魔となり確実にフェアウェイに戻せる保証はない。

刻むか、狙うか。取った選択は、林の上を越すハイボールでグリーンを狙うルート。「不安はあったけど、(スコアを)伸ばしていかないといけない状況だったのでリスキーに攻めた」。つま先下がりの難しいライから、50度のウェッジで放たれたボールは林を越え、ドローの弾道を描いてピン奥6mにオン。「結構うまかったと思う。イメージ以上に打てた。“魅せられた”ショット」と自画自賛の一打。そのアグレッシブなプレーに、ギャラリーからは拍手と感嘆の声があがった。

バーディパットを沈めて小さくガッツポーズ。スーパープレーの勢いそのままに13番で1.5m、15番では2.5mのバーディチャンスをものにした。後半はイーブンパーでまとめ、プロ2日目は6バーディ、2ボギーの「68」をマーク。70位から40位に浮上して予選通過を果たした。

2オーバーで終えた初日のラウンド後に、東北福祉大ゴルフを指導する大先輩女子プロ、佐伯三貴とパッティングの修正に取り組んだことが奏功。初日95位だった1ホール当たりの平均パット数は1.5455で7位に上がった。

「きのうはお客さんに“魅せたい”と思ってガンガンいっていたけど、きょうはマネジメントも考えつつ」と、“初ラウンド”での反省が4アンダーにつながった。「フェアウェイに置くことが大事だと思っていろいろ考えた。(パッティングも)『入れたいな』ではなくて『入れないといけない』という覚悟に変わった」。プロ2日目の21歳は、まだまだ成長の途中だ。

「地元ということでこれだけ注目されているので、あしたから行けるところまでまくったろう」。残る36ホールも、攻めのゴルフで地元ファンを沸かせる。(兵庫県加東市/内山孝志朗)