◇アジアパシフィック女子アマチュアゴルフ選手権 2日目(4日)◇サイアムCC ウォーターサイドコース(タイ)◇6309yd(パー72)

1オーバー43位から出た馬場咲希(代々木高2年)は4バーディ、2ボギーの「70」で回り、通算1アンダー17位で予選通過を決めた。初日はパッティングに苦戦してスコアを伸ばせず、「強気で打つ」ことを目標にプレー。グリーン上の感触は上向きとなったが、この日は強風のなかで思うようなショットが打てなかった。

風が弱まる予想とは異なり、朝から風速5〜8m/sの風が吹き続けた。ホールを追うごとに強まった風の影響と、「スコアを落とすことが怖かった」とクラブを振り切れずショットに苦戦。バーディ発進を決めたが、前半は2つボギーをたたいて2オーバーで折り返した。

後半は6ホールでパーを重ねてもどかしい展開が続き、ようやく流れをつかんだのは7番(パー3)だった。3mのバーディパットを決めて「そこから前向きな気持ちになれた」と8番で5m、最終ホールのパー4は2打目でグリーンを外したが、3打目のアプローチを直接カップインしてバーディで締めた。

2つ伸ばして順位を上げた。「3連続バーディはすごくうれしい。あと2日間は、自分にプレッシャーをかけないで楽しくラウンドしたい」。さらなる浮上を目指して決勝ラウンドに臨む。(タイチョンブリ/谷口愛純)