PGAツアーによる選手の影響力に基づくランキング、「プレーヤー・インパクト・プログラム」(PIP)は2022年、タイガー・ウッズが1500万ドル(約20億7825万円)を獲得した。

昨年導入されたPIPはメディア露出やインターネット検索などの独自指標から、戦績とは別の視点で選手の認知度、人気を順位付けする。上位20位までに総額1億ドル(約138億円)のボーナスが分配され、ウッズは昨季、メジャー3試合の出場にとどまったが2年連続でトップに立った。

2021−22年シーズンの年間王者に輝いたロリー・マキロイ(北アイルランド)が2位で1200万ドル(16億6320万円)を、ジョーダン・スピースが3位で900万ドル(12億4740万円)を手にした。

なお、22年までの基準では圏外(21位以下)だったが、23年に新たに用いられる指標の上で11位にランクインする松山英樹には200万ドル(約2億7710万円)が付与された。

PGAツアーは8月の発表で、トップ20のボーナス獲得選手にはメジャー4大会をはじめ、「ザ・プレーヤーズ選手権」や招待試合等、指定のビッグトーナメントに年間20試合の出場を求めている。

<2022年PIPトップ20と23年指標の追加選手(ボーナス額)>

1/タイガー・ウッズ/1500万ドル

2/ロリー・マキロイ/1200万ドル

3/ジョーダン・スピース/900万ドル

4/ジャスティン・トーマス/750万ドル

5/ジョン・ラーム/600万ドル

6/スコッティ・シェフラー/550万ドル

7/ザンダー・シャウフェレ/500万ドル

8/マシュー・フィッツパトリック/500万ドル

9/ウィル・ザラトリス/500万ドル

10/トニー・フィナウ/500万ドル

11/コリン・モリカワ/300万ドル

12/シェーン・ローリー/300万ドル

13/ケビン・キズナー/300万ドル

14/マックス・ホマ/300万ドル

15/ビリー・ホーシェル/300万ドル

16/リッキー・ファウラー/200万ドル

17/アダム・スコット/200万ドル

18/ジェイソン・デイ/200万ドル

19/パトリック・カントレー/200万ドル

20/ビクトル・ホブラン/200万ドル

追加選手(23年指標の順位、いずれも200万ドル)

11/松山英樹

15/キャメロン・ヤング

20/サム・バーンズ