◇国内男子◇カシオワールドオープン 2日目(24日)◇Kochi黒潮CC(高知)◇7335yd(パー72)◇晴れ(観衆1926人)

ツアー2勝の池村寛世が、17位スタートから単独首位に急浮上した。9バーディ、1ボギーでこの日のベストスコア「64」をマークし、通算12アンダーで後続に3打差をつけた。

首位スタートのルーキー宇喜多飛翔はパープレー「72」止まりで9アンダー。「69」のリュー・ヒョヌ(韓国)と並ぶ2位で決勝ラウンドに進む。

8アンダーの4位に初日首位のヤン・ジホと、残り2戦で賞金王の可能性を残す賞金ランキング5位のソン・ヨンハン(ともに韓国)が並んだ。

賞金王レースではランク2位の金谷拓実、ランク3位の蝉川泰果が6アンダー8位。ランク1位の中島啓太は3アンダー26位で予選通過。ランク4位の今平周吾は2Rスタート前に体調不良で棄権し、賞金王の可能性が消滅した。

大会ホストプロの石川遼は1オーバー74位で、大会出場13度目にして初の予選落ちを喫した。