◇米国女子◇Qシリーズ(最終予選会) 2日目(1日)◇マグノリアグローブGC(アラバマ州)◇クロッシングコース(6664yd、パー72)、フォールズコース(6643yd、パー71)

全選手が回る2つのコースのうち、フォールズコースは開幕前から「難しい。ちょっと狭いところが何ホールかある」と警戒していた。スタート直前に雷雨による3時間近い中断で地面はウェットに。難度はより高くなったが、馬場咲希は「コンディションを言い訳にできないくらい、自分のゴルフがひどかった」と反省した。

クロッシングコースでの初日を3アンダー13位で滑り出し、さらに勢いづきたい2日目は出端をくじかれた。1番の2打目、アイアンのヘッドがボールのわずかに手前に入り、グリーンをショート。アプローチもピン手前4mで止まり、ボギーで発進した。

「スタート前は結構いい感じに体も動いていて、中断の後の練習もいつもの感じで打っていたので、良い気分ではコースに行った」という期待とは反対に、チャンスメークが遠い展開。ティショットを右に曲げた7番から2連続ボギーを叩いた。

バーディなしの「74」で通算イーブンパー、67位に後退した。4日目終了時点で65位タイまでのカットラインが設けられ、残り36ホールを戦えるか否かが決まる。

「ティショットから続いてセカンドショットもあまり良くなくて、という一日。3ボギーはしょうがないと思いますけど、バーディを一つも獲れなかったのはちょっとショックでした」。あす3日目はクロッシングコースを回る。巻き返して、残り3日に繋げたい。(アラバマ州モービル/桂川洋一)