◇米国女子◇Qシリーズ(最終予選会) 最終日(6日)◇マグノリアグローブGC(アラバマ州)◇クロッシングコース(6664yd、パー72)

馬場咲希は涙を流すでもなく、現実をしっかりと受け止めた。6ラウンド108ホールに及ぶ最終予選会で通算5アンダーの62位。来季の米女子ツアーの出場権を得られず、「強いゴルファーになるために改善することがいっぱいあると思った」と悔しさをかみ締めた。

最終ラウンドはツアーメンバー資格獲得となる45位タイまで1打、より優先的な出場権を得られる20位タイまでは5打ビハインドで迎えた。巻き返しが求められる状況で、ボギーが先行。前半12番、グリーン手前ラフからのアプローチを3mオーバー。さらに15番では1Wショットをフェアウェイに置きながら、カラーから3パットで2つ目をたたいた。

「短いバーディパットがいくつもあったけれど、ひとつも決められなかった」とグリーンで苦戦した。折り返しの18番で5mのチャンスを外してガックリ。「ひとつでも入っていれば、その後の流れも変わったかなと思う。それを決め切れないところがまだまだ」。後半アウトも2m以内を沈められないシーンがあり、「74」のスコアを悔やんだ。

昨年8月、日本勢として37年ぶりに「全米女子アマチュア選手権」を制して幼い頃に憧れた米国がぐっと近くなった。メジャー4大会に参戦し、10月に2次予選会を通過したシーズンを「今年は特に『通るか、通らないか』という、違う緊張感がある試合が多かった」と振り返る。ラウンド中のメンタルの動きがショットにも、パットにも影響することを痛感した。

プロとしてルーキーイヤーになる2024年の主戦場は現段階ではっきりしない。前週、米国と並行して行われた国内女子ツアーの最終予選会に参加できなかった。1年を通じた安定的な出場資格と言えるのが、今回108ホールを戦い抜いたことで得た米下部エプソンツアーと、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のプロテスト通過による国内下部のステップアップツアー。「話し合って、どうするのか決めたいと思う」と語った。

「アメリカでやりたい気持ちはまだ強い。来年、再来年…自分がどのフィールドで戦っているか分からないけれど、そこに合ったゴルフをしっかりできるように頑張りたい」。21日からインドネシアで行われるレディースアジアツアーの「シモーネ アジアパシフィックカップ」が年内最後の試合。「今回はダメだったんですけど、プロとして試合が始まる。オフに気持ちを切り替えて、来年結果を出せるように頑張りたい」。18歳。今はまだ想像できないほどキャリアには先がある。(アラバマ州モービル/桂川洋一)