デンマーク出身の22歳で、DPワールドツアー(欧州ツアー)3勝のニコライ・ホイゴーは、米ツアーのプロアマ大会「AT&Tペブルビーチプロアマ」に、アマチュアパートナーである地元ビジネスマンのジェフ・コウチと出場する。

ホイゴーはこれまでのところ、2024年で唯一の出場となった前週の「ファーマーズインシュランスオープン」で2位に入った。今週の火曜、GolfWRX.comはホイゴーの近況をうかがうとともに、バッグの中身を精査した。

ホイゴーの人目を引くセットアップには、過去数年にわたりバッグに入れ続けている錆の浮いたメッキなしのキャロウェイ「エイペックスMBアイアン」(2020年)が含まれている。人によっては、錆に視覚的な不快感を受けるかもしれないが、ホイゴーはこのアイアンの見た目と、インパクトでの打感を気に入っているのだ。このセットアップの特異な点は“10番アイアン”をバッグに入れているところだが、これは普通のピッチングウェッジであり、単に番手表示の仕方が異なるだけとのこと。

「このアイアンは、もう数年使っています。昨季もずっとこれを使いましたし、今年も使い続けます。大のお気に入りで、錆びていて打感が最高なんです」とホイゴー。

NBAの大ファンであるホイゴーは、PGAツアー初優勝を目指すにあたり、ロサンゼルスレイカーズのレジェンドであり、5度のNBA制覇を誇る偉大なる故コービー・ブライアント氏の“マンバ・メンタリティ”にあやかろうとしている。ホイゴーはその心構えを常に思い出すため、キャロウェイ「JAWS FULL TOE」のロブウェッジに、ブライアント氏にインスパイアされた刻印を施している。

「僕はコービーの大ファンなので、ちょっと苦しい状況になった時は、いつもロブウェッジを見て、鼓舞されるようにしているんです」と、ホイゴーは火曜にペブルビーチGLにて、PGATOUR.comの取材で述べた。

ブライアント氏の有名な一節から引用すると、“マンバ・メンタリティ”とは「昨日より今日、そして今日より明日の方がより良くなろうとする絶え間ない探求」を意味する。

また、2023年「ジェネシス スコットランドオープン」にて、ホイゴーは同じPGAツアーの選手仲間であるリッキー・ファウラーやウィンダム・クラークの成功にあやかろうと、パターをオデッセイ「バーサ ジェイルバード」に変更している。念のために記しておくと、ファウラーとクラークは2023年からジェイルバードパターを使い始め、その寛容性の高いヘッド設計によりグリーン上でのパフォーマンスを向上させたのである。

ホイゴーは火曜に「(ジェイルバードパターは)試してみて、とても気に入りました。(スコットランドオープン以来)ずっとバッグに入っています。当然、昨季このパターで優勝したリッキー・ファウラーとウィンダム・クラークからインスピレーションを受けました。これを試してみるのは良い考えなのではと思いましたが、以来、ずっと良い感じですね」と述べた。

ホイゴーはまだキャロウェイの新しい「パラダイム Ai スモークドライバー」には乗り換えていないが、今週のペブルビーチでは16.5度の「パラダイム Aiスモーク トリプルダイヤモンド」3番ウッドをバッグに入れていた。この変更について、高打ち出しと素晴らしい打感を理由に挙げている。

ホイゴーの使用ギア一覧は次の通り。

ドライバー:キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンド(10.5度)

シャフト:三菱ケミカル TENSEI Pro White 1(重さ70g台、硬さTX)

3番ウッド:キャロウェイ パラダイム Aiスモーク トリプルダイヤモンドHL(16.5度)

シャフト:三菱ケミカル TENSEI Pro White 1(重さ70g台、硬さTX)

7番ウッド:テーラーメイド ステルス2(21度)

シャフト:三菱ケミカル AVホワイト(重さ80g台、硬さTX)

アイアン:キャロウェイ エイペックスMBアイアン(4〜10番)

シャフト:トゥルーテンパー プロジェクトX LZ 6.5

ウェッジ:キャロウェイ JAWS RAW(50度)、「キャロウェイ JAWS FULL TOE」(56度、60度)

シャフト:トゥルーテンパー プロジェクトX LZ 6.5

パター:オデッセイ バーサ ジェイルバードミニ

ボール:キャロウェイ CHROME TOUR X+(高スピン)

(協力/ GolfWRX, PGATOUR.com)