◇米国女子◇ホンダ LPGAタイランド 事前(20日)◇サイアムCC オールドコース(タイ)◇ 6576 yd(パー72)

西村優菜にとって、3Wは米ツアーにおける生命線ともいえるクラブだ。パー5のセカンドはもちろん、コースセッティングやコンディション次第ではパー4の2打目で握らされるケースもしばしば。この長い番手でどれだけ精度の高い球が打てるかがスコアメークを左右する。

昨季までは2016年発売モデルのキャロウェイ「XR 16」を愛用していた。「(使って)長かったですよね。やっぱり背が低いのもあって、なかなか3Wで球を上げられないっていう悩みがあった」。さらに米国ならではの壁にも直面した。「『あと5ydぐらいキャリーが出れば狙えるけど…』っていうシチュエーションがすごく多くて」。パー5のセカンドで、あえなく刻みを選択したシーンは数え切れないという。

武器でもあり、悩みの種でもあった3Wについて「すごくいいモノが来た」と声を弾ませる。契約するキャロウェイの最新シリーズから「パラダイム Ai スモーク MAX D」にスイッチ。「本当にキャリーが3〜5yd近くまで伸びてくれた。球も上がってくれる。今までになかった感じというか、ちょっと悩みがスッキリしている感じがあります」と何度もうなずいた。

練習ラウンドの18番(パー5)でもセカンドで花道付近まで飛ばし、新たな相棒に手応えを深めた。こちらもオフの間に替えたオデッセイ「Ai-ONE ROSSIE S パター」のフィーリングも上々。キャロウェイ「パラダイム Ai スモーク HL」の6Iは、すでに前週の欧州女子ツアーで投入して検討を重ねている。

「いろんなコースでやりながら、変えていかなきゃいけないところもある」と話すように、実戦の中でも試す部分は試してベストを追究。昨年ルーキーとして勝ち取ったシード権が、腰を据えたトライを後押ししてくれる。(タイ・チョンブリ/亀山泰宏)

<西村優菜のクラブセッティング>

ドライバー:キャロウェイ パラダイム ◆◆◆S(9度)

シャフト:藤倉コンポジット SPEEDER NX GREEN(5SR)

フェアウェイウッド:キャロウェイ パラダイム Ai スモーク MAX D(3番15度)、キャロウェイ エピック SPEED (5番18度)、キャロウェイ グレート ビッグバーサ(7番21度、9番24度)

シャフト:藤倉コンポジット SPEEDER NX BLACK(50R/3番)、藤倉コンポジット SPEEDER NX(50R/5番)、藤倉コンポジット SPEEDER EVOLUTION III 569(SR/7、9番)

ユーティリティ:キャロウェイ GBB エピック スター(6番26度)

シャフト:藤倉コンポジット MCH 350-60R

アイアン:キャロウェイ パラダイム Ai スモーク HL(6番)、キャロウェイ X FORGED STAR(7〜PW)

シャフト:藤倉コンポジット MCI 70R

ウェッジ:キャロウェイ JAWS RAW (52度)、キャロウェイ JAWS FORGED(58度)

シャフト:藤倉コンポジット MCI 80S

パター:オデッセイ Ai-ONE ROSSIE S

ボール:キャロウェイ CHROME TOUR X トリプル・トラック