三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社(本社・東京)は22日、女子プロゴルファーの西郷真央とスポンサー契約を結んだことを発表した。西郷は同社初の契約アスリートとして、今後は社名の入ったキャップ等を着用してプレーする。

同社はリリースで「西郷選手の『プロとして常に挑む』姿勢に共感するとともに、西郷選手の進むチカラになるべくサポートしてまいります」と説明。今季から米国女子ツアーを主戦場にする西郷をバックアップする。

西郷は2019年にプロテスト合格の22歳。国内女子ツアーでは22年に初優勝を含むシーズン5勝を挙げ、年間ポイントレース2位とブレーク。23年12月に出場した米女子ツアー最終予選会(Qシリーズ)を2位で突破し、24年シーズンの同ツアー出場権を獲得した。

今季初戦となった1月「LPGAドライブオン選手権」を32位で終え、次戦は3月7日に中国で開幕する「ブルーベイLPGA」を予定している。

西郷はリリースを通じて「三菱UFJモルガン・スタンレー証券様における契約アスリートの第一号とのこと、とても光栄に思いうれしい気持ちで一杯です。夢でもあり目標としていたアメリカツアーに、今シーズンから本格参戦します。シーズンを通して上位で戦い、優勝もできるよう努力を続けていきます」とコメントした。