◇米国女子◇ファーヒルズ朴セリ選手権 初日(21日)◇パロスバーデスGC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71)

序盤2番、稲見萌寧はピンの右手前から3パットボギーを先行させた。まだ肌寒い、早朝の重苦しいムードを一撃で打ち消す。続く3番、フェアウェイから残り93ydの第2打。ロフト52度のウェッジでの2打目はピンに当たって、そのままカップイン。歓声で分かった“ダンクシュート”のイーグルに驚き、キャディとハイタッチして喜んだ。

「だいぶ楽になって、そこからは流れが良くなった」と5番でバーディ。さらに7m近いフックラインを流し込み、ガッツポーズを作った7番(パー5)から2連続バーディを奪って一時的にトップに躍り出た。

4アンダーからの後退を呼んだのは、噂に聞いていた難敵だった。当地のグリーンをつくるポアナ芝は正午にかけて伸び、ボールの転がりを急に遅くさせた。稲見が「もう明らかに全員、同じタイミングでショートし始めた」と気づいたのが12番に入った頃。同ホールでショートパットを外してボギーをたたくと、13番(パー3)ではティショットがバンカーのアゴにめり込みダブルボギー。終盤にカムバックできず「71」でイーブンパー44位スタートになった。

今週は調整を施したマレット型パターのスコッティキャメロン「PHANTOM X 5.5」でプレー。「イメージがまだうまく対応し切れていない感じでした」と感覚をすり合わせているところ。「傾斜に対するグリーンスピードに対応しきれないのをすごく感じた。もうちょっと実戦でやらないと分からないこともある」。難解なグリーンで適応に時間がかかるのは仕方がない。

「初めてのポアナ芝の体験。全然想像がつかなかったんですけど、全選手が言うように、午前と午後では芝の伸びが違うのが実感できた。実感できないで終わるより、実感して終われたのでそこは良かったかなと」。失速で感じたものは少なくない。(カリフォルニア州パロスバーデス・エステーツ/桂川洋一)